彩の国シネマスタジオ 埼玉会館上映会



 【会場情報 

埼玉会館 小ホール

住所 〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂3丁目1−4

席数 約500席(車椅子席は10席まで設営可能)。車椅子対応席での鑑賞をご希望される方は事前の連絡をお願いいたします。

 

【電車】JR浦和駅(西口)下車 徒歩6分

 

【駐車場】
収容台数 39台(うち車イス専用駐車場2台)
料金 350円/時間

高さ 2mまで


【当上映会のシステム】

当日支払のみ/現金支払のみ/全席自由席/各回入替制

※開場前に受付をされた方には入場番号が記載された整理券をお渡しします。開場後は整理券なしでお入りいただけます。

※会場内は寒く感じる場合もありますので、念のため羽織るものをご用意ください。

【料金・サービスのご案内】

一般1,100円/小中高生550円(要学生証)

※特別興行の場合、料金が変わる場合がございます。

回数券:11枚つづり11,000円。切り離し分けあってご利用可。3年間利用可。

スタンプカード特典:来場者全員に贈呈。スタンプ10個で、お1人1回ご招待。


【料金の変更について】

  ~2019年9月末まで 2019年10月以降~
鑑賞料金

●大人1,000円

●学生500円

●一般1,100円(税込)

●小中高生550円(税込)

回数券

金額:10,000円

期限:2年

金額:11,000円(税込)

期限:3年

※2019年9月末までに購入された方も1年延長いたします。

シネマDM便 500円 990円(税込)

第238回彩の国シネマスタジオ 埼玉会館上映会(埼玉会館)

『RBG 最強の85才』

(2018年/アメリカ/98分)

2019年12月13日(金)10:30/14:30/18:30

 

※午前9時30分より当日の全上映回分の受付を開始いたします。

【作品紹介】

85歳で現役の最高裁判所判事としてアメリカで広く知られる女性ルース・ベイダー・ギンズバーグ(通称・RBG)に迫ったドキュメンタリー。アメリカでは関連本が何冊も出版され、Tシャツやマグカップといったグッズまで作られるほどの知名度と人気を誇る、RBGことルース・ベイダー・ギンズバーグ。85歳で現役の最高裁判所判事として活躍する彼女は1993年、ビル・クリントン大統領政権下でアメリカ最高裁判事に任命される。女性やマイノリティへの差別撤廃に緩やかに寄与していった彼女の判例の数々や、ニューヨークのユダヤ系の家に生まれ、苦学の末に最高裁判事まで上り詰めていったキャリア、そして、それを支える信念や愛情を、女性監督のベッツィ・ウェスト&ジュリー・コーエンがカメラに収めた。

 

監督・製作:ジュリー・コーエン、ベッツィ・ウエスト   

主題歌: 「I’ll Fight」ジェニファー・ハドソン  

出演:ルース・ベイダー・ギンズバーグ、ビル・クリントン、バラク・オバマ ほか

 

【公式ホームページ】

http://www.finefilms.co.jp/rbg/

 

 

©Cable News Network. All rights reserved.

 

【主催】NPO法人埼玉映画ネットワーク

【提携】埼玉会館


日時:12月13日(金)14時30分の回終了後

登壇:山口智美さん(モンタナ州立大学教員)

専門:文化人類学、フェミニズム、メディア研究


 

 

第239回彩の国シネマスタジオ 埼玉会館上映会(埼玉会館)

『ねことじいちゃん』

 (2019年/日本/103分)

2020年1月8日(水)~9日(木)10:30/14:30/18:30

※午前9時30分より当日の全上映回分の受付を開始いたします。

【作品紹介】

累計発行部数35万部を超える大人気コミック「ねことじいちゃん」(KADOKAWA刊)が待望の実写映画化。メガホンを取るのは動物写真家・岩合光昭。岩合監督にしか撮れない猫たちの表情や島の美しい風景とともに、そこに暮らす人々をユーモラスかつ繊細に描き出しました。主人公の大吉さんには岩合監督からの「志の輔さんしか考えられない」と熱烈オファーを受けた落語家・立川志の輔。共演には柴咲コウをはじめ、小林薫、田中裕子、柄本佑、銀粉蝶、山中崇、葉山奨之など人気・実力を兼ね備えた俳優陣が集結。そしてもう一人の主人公、猫のタマ役は、100匹以上のオーディションから抜擢されたベーコン。まあるい体にふてぶてしい表情、志の輔師匠との息の合った動きなど、観る者の心を奪う熱演(?)は必見です!

 

【あらすじ】

2年前に妻に先立たれ、飼い猫のタマと暮らす大吉、70歳。毎朝の日課はタマとの散歩、趣味は亡き妻の残した料理レシピノートを完成させること。島にカフェを開いた若い女性・美智子に料理を教わったり、幼なじみの巌や気心知れた友人たちとのんびり毎日を過ごしている。しかし友人の死や大吉自身もいままでにない体の不調を覚え、穏やかな日々に変化が訪れはじめた矢先、タマが姿を消して――。

一人と一匹、生まれ育ったこの島で、共に豊かに生きるために下した人生の選択とは――?

 

監督:岩合光昭

原作:ねこまき(ミューズワーク)「ねことじいちゃん」(KADOKAWA刊) 

脚本:坪田文

出演:立川志の輔、柴咲コウ、小林薫、田中裕子、柄本佑、銀粉蝶、山中崇、葉山奨之、ベーコン(タマ役) ほか

 

【公式ホームページ】

https://nekojii-movie.com/

 

 

©2018「ねことじいちゃん」製作委員会

 

【主催】NPO法人埼玉映画ネットワーク

【提携】埼玉会館



 

 

第242回彩の国シネマスタジオ 埼玉会館上映会(埼玉会館)

『ピアソラ永遠のリベルタンゴ』

 

2020年2月27日(木)~28日(金)


※第226回、第227回、第229回、第231回、第233回、第235回は彩の国さいたま芸術劇場での上映となります。


特定非営利活動法人 埼玉映画ネットワーク

〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂2-3-10黒澤ビル3階(B室内)

Tel:048-762-9407

Fax:048-762-9427

E-mail:info@eiganetwork.or.jp

 

休日:土日祝日および各イベントの翌日は原則お休みを頂いております。

※事務所に訪問される際は必ず事前の連絡をお願いいたします。